2008
07.18

薪割り達人の道 183

 北京のアトリエで見かけた作品です。この絵を描かれた画家には失礼な話ではありますが、娘が2歳の時に書いた「絵だか落書き」に感じが似ていたので、なんとなく写させていただいたものです。娘の2歳の時の作品は、額に入れて・・・今は屋根裏です。この連休に引っ張り出してみようと思っています。何か、「感じる」作品の波動は、「感じている人」と共鳴しているんですね☆

画像 159

Comment:0  Trackback:0
back-to-top