FC2ブログ

☆ 愛おしいジュリアへ ☆

 J" Sisters のJuliaが盲導犬としての仕事を立派に勤め上げ、パピーウォーカーとしての育ての親であるジュリア・パパ、ママのもとへ帰って来たと、昨日、ジュリア・ママからの嬉しいメールと写真が届きました。10年前、神奈川の都築にある盲導犬訓練センターで私達は盲導犬の繁殖犬候補となる子供達を生後2ヶ月から6ヶ月の期間、それぞれの家庭で育てる「パピーウォカー」を体験しました。ゴールデンレトリバーの盲導犬は珍しく、父親バーティーと母親ティアラの間に生まれた子供達は、Jから始まる名前をパピーウォーカーが決める事ができたのです。私は、迷わず「ジュリア」にしようと思っていたのですが、息子が「ジュティー」が良いというので我が家はジュティーと命名した訳です。そして、それぞれのパピーウォカーへと預けられたのでが、その4頭の中に「ジュリア」と名づけられたパピーがいたのです。私には思い入れがあった名前だけに印象に残っています。そして、何度かの盲導犬センターでの訓練で、ジュリアのパパ、ママとも親しくなり、パピーの時に我が家へ遊びに来た事もあります。さて、この子達は、当初盲導犬の繁殖犬候補だったのですが、厳しい身体チェックを通過する子はいませんでした。そこで盲導犬へとキャリアチェンジしてのトレーニングを行い、その結果、ジュリアちゃんだけが厳選されたのでした。やはり、育ての親が良いんですね~その証拠に、ジュリアのパパ、ママはジュリアを盲導犬として送り出した後にも、ラブラドールのパピーを3頭も盲導犬に育て上げています。ジュリアは盲導犬として約10年間、島根県で活躍していたんです。島根でジュリアを信頼するパートナーとして育ててくれたユーザーと家族の皆様のお陰で、ジュリアちゃんは元気です。縫ぐるみを銜えて寝てしまう表情はジュティーとそっくり、私でもだまってこの写真を見せられたら見分けがつかないな~☆  
実は、3年ほど前、別の姉妹であるジュリーと再会することができました。なんだか同じ様な名前なので、わかり難いかも知れませんが、ジュリーには、育ての親のパパさん、ママさんがいて、偶然にも、このブログを見つけてくれたのです。 そして、ジュリーのママさんからメールがあり再会となりました。当時は、そろそろジュリアちゃんも盲導犬を引退するのかな~と思っていたのですが、10年頑張ったんですね。本当にお疲れ様でした☆ 再会が楽しみだな~  みんなで海で遊ぶ機会を持ちたいですね~ ☆

追伸 ※ 私が「Julia」という名前に思い入れがあるのは、大学時代に Jesse Colin Young のSong for Julia という曲が大好きだったからです。この歌は Jesse Colin Young が自分の愛おしい娘であるJuliaに歌った歌なんです。You Tube にあったのでUPしました☆ この曲を聴きながらもう一つウインドウを開いてブログを読んでいただけると嬉しいです。☆

クリック ⇒ Song for Julia
 
クリック ⇒ ☆ 盲導犬への道も紙一重 2007年1月17日 ☆

クリック ⇒ ☆ 出会い・・・そして再会   2010年6月6日 ☆

PicsArt_1380358938296130928Julia.jpg
PicsArt_1380286589697130928Juria.jpg

Comment

コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する

Track Back

ブログ内検索
プロフィール

Hitoe

Author:Hitoe
鎌倉在住
サーファー歴45年、ヨガ歴33年
薪ストーブ愛用歴18年。自然体で生きることを心がけています。
  好きな言葉「則天去私」
  尊敬する人物 中村天風

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる