2016
12.04

☆ 存在の科学 ☆

 ジュティが旅立ってから2ヶ月半になりますが、忘れていく事と、新たに気づくことがあります。特に逝ってしまう1ヶ月前くらいからの写真を見ているとジュティの表情に哀愁を感じます。そのころから食事も私が無理に口に押し込むと食べてくれましたが、今思えば、自分で食べようとしなくなった時点からジュティは新たな次元へ旅立つ準備をしていたのです。なにもしてやれなかった事が残念です。しかしあるがままを受け入れ私自身の活力に転換していく努力をしています。そんな今の私の存在をふくめジュティという存在に感謝しています。存在というエネルギーに。

2016年9月2日のジュティ
20161205Juty.jpg

トラックバックURL
http://hitoe1.com/tb.php/3708-12ab2c10
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top