FC2ブログ

嵐の夜のちょっと怖くせつない話

 今日は低気圧の通過に伴い雨と強い風が吹いて海も大荒です。昔の人はこんな日は心細かったでしょうね。夜はあんどんの光の中、嵐が治まるのを祈った事と思います。天気の良い日、我が家からは大島や初島、伊豆半島が見えます。熱海から初島までは4Kmあるそうで、こんな夜は初島の伝説のお話を・・・「その昔、島のお初という17才の美しい娘が伊豆山の右近という青年に恋をした。「百夜通えば結婚する。」という約束を信じ、お初はたらいの船で海上三里を通ったが、九十九日目に波にのまれて死んでしまったという。」悲しいお話です。実はこのお話本土・伊豆山側にも残っていたのです。「伊豆山に住む大工の男が仕事で初島に行くことがあった。そこで大工は島の美しい娘に懸想されてしまう。大工は困って「伊豆山の自宅へ百夜通い続けてくれたら結婚する」と出まかせを言って伊豆山に帰って行ったのだった。その夜から雨が降っても、風が吹いても島の娘が大工の家にあらわれるようになった。何と娘は伊豆山神社の灯明を目当てに毎晩島から渡って来ているのだった。こうして娘の伊豆山通いは続き、気味が悪くなった大工は九十九日目の夜、伊豆山神社の灯明を消してしまった。するとついにその晩から娘が現れることはなかった・・・」恋の力って凄いな~でも今日みたいな嵐の日にあらわれたら怖くなりますよね。

  ☆初島の名前の由来は、このお初の名前をとったそうです☆
Sunset.jpg

Comment

コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する

Track Back

ブログ内検索
プロフィール

Hitoe

Author:Hitoe
鎌倉在住
サーファー歴45年、ヨガ歴33年
薪ストーブ愛用歴18年。自然体で生きることを心がけています。
  好きな言葉「則天去私」
  尊敬する人物 中村天風

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる